how-to-enhance-dvd-quality

 

HDまたは4k品質で表示しないと、優れた映画体験は完成しません。しかし、DVDでお気に入りの映画をすでに購入している場合はどうしますか?このような映画は、ラップトップで見ているときに満足感を与えるかもしれません。しかし、それが家族の経験でなければならない場合はどうでしょうか?家族全員でHDまたは4kテレビの前に座って、低品質のDVDビデオを見ることを本当に検討しますか?

 

いや、全然!! Blu-rayをDVDにダウンサイズして、限られたサイズで保存したり、オンラインで共有したりできる時代は終わりました。人工知能の進歩により、ビデオエンハンサーアプリケーションを使用してDVDをアップスケールすることができます。

 

 

パート1.ビデオエンハンサーは正確に何をしますか?

 

1.のようなビデオエンハンサーDVDFab Enlarger AI人工知能およびニューラルネットワークの最新の進歩を使用して個々のピクセルを識別し、そのようなピクセルをさらに生成して解像度を向上させます。

 

2.アルゴリズムのスケールでは、線形フィルタリングを使用して、コントラストを改善し、ノイズを除去し、シェイクを解除し、インターレースを解除し、フレームごとにビデオをシャープにします。

 

3.ビデオエンハンサーがノイズとブロッチを識別して削除し、各フレームの元の空間相関構造を復元します。このような方法は、歴史上の遺物を復元するためにも使用されます。

 

4. DVDFabの Video EnhancerはTensorフレームワークを使用します。ノイズを見つけて元の作品を復元できるように、映画やTVシリーズの何百万ものビデオでトレーニングされています。このトレーニングは開発者によってまだ改善されており、その間、業界で最高のビデオエンハンサーとして残ります。

 

 

パート2.ビデオエンハンサーとしてiMovieを使用できますか?

 

Macラップトップを使用している人は、ビデオ編集にiMovieを使用した可能性があります。それはそれが提供する機能のホストのためにセミプロの編集を行うための素晴らしい無料のツールです。それを使用したことがある人は、あなたがビデオを保存したいファイル解像度を尋ねることを知っているでしょう。出力ファイルのHDビデオ品質を選択できます。ただし、ビデオエンハンサーとして機能するのではなく、実際にビデオ品質を低下させる可能性があります。

 

iMovieは、.movファイルの圧縮と生成にApple Intermediate Codec(AIC)コーデックを使用します。編集はフレームによって行われるため、フレームは元のフレームよりも低い解像度またはビットレートで再エンコードされる場合があります。これは、他のビデオエディタでも発生する可能性があります。これは、出力形式をYouTubeにアップロードするように設定したり、iMovieで「iTunesにアップロード」を選択した場合にも発生する可能性があります。

 

 

パート3. AIでビデオ品質を向上させることは可能ですか?

 

人工知能は、ディープラーニングの分野で大きな進歩を遂げました。ディープラーニングの可能性を利用して、ビデオエンハンサーツールはDVDビデオをHDまたは4Kビデオに変換できるようになりました。ビデオ品質エンハンサーとして機能する従来のツールと最新のツールの両方があります。従来のビデオエンハンサーはピクセルレベルで動作しますが、最新のビデオエンハンサーはAIとMLを使用します。

 

従来のビデオエンハンサーの最も良い例は、Adobe Photoshopです。個々のピクセルを分析して強調することにより、各フレームを拡大します。そのため、すべてのフレームがHDの場合、最終的なビデオをレンダリングするのに時間がかかります。ただし、異なる解像度のビデオを使用している場合、平均化効果によって低品質のビデオが作成されます。たとえば、1080pのビデオと520pのビデオがあるとします。それらをマージするときは、520pビデオが爆発しないように720pビデオを犠牲にして作成する必要があります。

 

このような犠牲を避けるには、AIを利用したビデオ品質エンハンサー。このようなビデオエンハンサーは、アルゴリズムを使用して低品質のビデオを向上させます。この方法では、ビデオの品質を犠牲にしても、平均よりはるかに多くなります。

 

DVDFab Video Enhancerは、ディープラーニングAIテクノロジーを使用して、ビデオの品質と解像度をアップスケールします。 This video拡張ソフトウェアは、ビデオをアップスケールできます最大300% つまり、420p(SD)ビデオを1080p(HD)に、またはDVDをBlu-rayおよび4kにレイズします。 DVDFab Video Enhancerを使用して、これらの古いDVDを最新のブルーレイに変換できます。

 

 

 

パート4. DVDビデオの品質を向上させる方法は?

 

 

ステップ1:ダウンロードしてインストールするDVDFab Enlarger AI

 

ステップ2:適切なDVD拡張モードを選択する

 

DVDでビデオ拡張を行うには、DVDコピーモード、DVDリッパーモード、またはDVDコンバータモードがあります。これらの3つの異なるモードを使用して、DVDをフルHD 1080pに、Blu-rayを4kに、通常のビデオを実際のソースファイルタイプに基づいてより高品質のフォーマットに拡張できます。

 

 ソースファイルタイプ出力ファイルタイプ
コピーモードDVDブルーレイディスク/ ISO /フォルダー
リッパーモードDVDビデオ(MP4またはMKV)

コンバーターモード

 
すべての形式の動画ビデオ(MP4またはMKV)

 

 

注意:現在AI機能がサポートしていますMP4またはMKV 最高の強化されたビデオ品質のために。

 

ステップ3:ここでは、ビデオエンハンサーとしてコピーモードを使用します

 

ステップ3.1: DVDを高解像度のBlu-rayに変換する場合は、DVDコピーモードを使用します。 DVDFabアプリケーションを起動し、コンピューターのDVDドライブにDVDを挿入します。ファイルは自動的にアプリケーションに読み込まれます。メニューバーから[コピー]オプションを選択します。

 

enhance-dvd-video-quality-1

 

ステップ3.2:DVDが画面に表示されると、 "拡大AI "チェックボックスがDVD名の近くに表示されます。このチェックボックスをオンにすると、DVDFabのビデオエンハンサー機能が有効になります。

 

enhance-dvd-video-quality-2

 

ステップ3.3:DVD名の下に表示されるボタンをクリックして、[詳細設定]ウィンドウを開きます。開いたウィンドウで、プレミアム品質またはウルトラ品質オプションを選択できます。これら2つのビデオエンハンサーオプションの違いは、後者の方が高品質のビデオを生成しますが、処理に時間がかかります。

 

ステップ4:ビデオエンハンサーとしてのリッパーモード 

 

ステップ4.1: DVDをリッピングしてフルHD 1080pを保存するか、Blu-rayをリッピングして、DVDリッパーをビデオエンハンサーとして使用し、コンピューターに4K解像度の拡張ビデオを保存します。 DVDFabアプリケーションを起動し、DVDをロードします。アプリケーションウィンドウにDVDが表示されたら、トップメニューから[リッパー]オプションを選択します。

 

choose-ripper-mode-as-video-enhancer

 

ステップ4.2:DVD名の近くに、2つのドロップダウンが表示されます。上部のドロップダウンを使用して[高品質]を選択し、下部のドロップダウンからフォーマットをMP4またはMKVとして選択します。これらの2つの形式は、高品質の動画に適した形式です。

 

enhance-video-quality-advanced-settings

 

ステップ4.3: [詳細設定]ウィンドウを開き、解像度をHD(1024p)または4K(4096p)に変更します。また、エンコード方法を高品質エンコード(2パス)に変更します。必要に応じて、フレームレートを上げることもできます。変更が完了したら、[OK]をクリックします。これらの設定は、DVDFabをビデオエンハンサーとして使用するために必要なすべてです。

 

ステップ5:ビデオエンハンサーとしてのコンバーターモード

 

ステップ5.1:DVDFabビデオコンバーターを使用して、DVDFabビデオエンハンサー機能を使用することもできます。 DVDからBlu-ray品質のビデオを作成するには、Ripperと同じ詳細設定を使用します。

 

 

ステップ6:出力ディレクトリを選択し、ビデオ拡張を開始する

 

DVDFabの下部セクションで、[保存先]ボックスを使用して、DVDビデオのBlu-rayまたはHDバージョンが保存される出力ディレクトリを選択します。 [スタート]ボタンをクリックして、出力ファイルの生成を開始します。入力DVDのサイズと選択した出力ビデオの品質によっては、プロセスが完了するまでに数分から数時間かかる場合があります。 

 

注:詳細については、 をご覧ください。AIでビデオ品質を向上させる方法 この最高のAI搭載ビデオ拡張ソフトウェアを使用して。

 

 

パート5。拡張機能:トップ5の代替ビデオ品質エンハンサー

 

 

1. Avidemux -Avidemuxは、Windows、Mac、Linuxで利用できる無料のオープンソースビデオエンハンサーです。それはこのツールのための素晴らしいプロである多くのフォーマットをサポートします。マルチスレッドを使用して、出力生成を迅速化します。その画像安定化とビデオ解像度コンバーターを使用して、低解像度のビデオをHD解像度に変換します。

 

video-enhancer-software-avidemux
 

マイナス面としては、クリエイティブツールがないこと、動画のタイムラインがないことなどがあります。また、非AIベースのビデオエンハンサー つまり、ビデオ拡張機能の点で制限されています。

 

2. Fonepaw-これは別の非AIビデオエンハンサーツールです。しかし、それは優れたビデオエンハンスメントを実行するための機能を備えています。したがって、ビデオ編集の専門家であり、ビデオ品質を向上させるために何をすべきかを知っている場合、Fonepawは優れたビデオエンハンスメントソフトウェアとして最適です。 。ノイズ除去、明るさ、コントラスト、彩度の補正、ビデオシェイクの低減、色相の調整、さらにはボリュームの調整まで提供します。

 

3.ビデオショップ -スマートフォンのビデオエンハンサーをお見逃しなく。 Videoshopは、AndroidおよびiOSスマートフォン向けの強力なビデオ品質エンハンサーです。それはあなたがボイスオーバー、アニメーションタイトル、ストップモーションレコーディング、スローモーションなどを追加できる楽しいビデオエディターです。
これは、高解像度の出力を保証しながら、クールなビデオを作成するための多くのツールを提供するソーシャルメディア対応のビデオエンハンサーです。

 

4. HD変換-このリストは、オンラインのビデオ品質向上プログラムで終了します。 HD Convertのプレミアムバージョンであるビデオフォーマットコンバーターは、ビデオのSDバージョンをHDに、HDから4Kに変換する機能を提供します。ビデオ品質向上オンライン ツールであるため、アップロードとダウンロードの速度の制限に対処する必要があります。得られる利点は、アプリケーションをインストールする必要がなく、常にクラウドで利用できることです。

 

 

4Kディスプレイの需要は世界中で高まっています。個人用デバイスでさえ、常に改良されたディスプレイが搭載されています。このような場合、誰も立ち止まって、SD品質のビデオを含むDVDで立ち往生するべきではありません。すでに購入した映画や番組にこれ以上費やすことなく、DVDFabなどのツールを使用してビデオ補正を行います。ディープラーニングや人工知能などの高度なテクノロジーにより、HDや4Kビデオ あなたの家で。

 

詳細についてビデオを変換する方法 異なるビデオフォーマット間で同時にビデオ品質を大幅に向上させます。